最新情報

12年連続「リサイクル日本一」

2020-01-19 13:16:05 guanli 382

92a3b_1587_5afcbf024d2397e39538a0b5291323c3.jpg

スーパーのカウンターで、買った肉や魚をビニール袋に詰め替え、トレイを捨てる「くるりポイ」は絶対禁止という町があった。鹿児島・大崎町だ。大崎町ではゴミを27種類に分別収集し、12年連続でリサイクル日本一になっている。分別によって町も潤っているという。

ある町民が夕食にカレーライスを作るところを見せてもらうと、肉が入っていた袋から肉を出した後、ビニール袋を洗って乾かす。カレールーのプラスチック容器も洗って乾かす。公立小学校の給食に出る牛乳にはストローがついていない。児童は牛乳パックの飲み口を開いて、直接飲む。食後は牛乳パックを洗って開いて、乾かしていた。